起業をしている方、手形割引で銀行に頼らず融資が受けられる。

もちろん銀行というのは、親切な場所ではありますが、融資を受ける場合はそれなりの条件などが揃わなければ、次から次へと融資をうける枠に限界があると思います。
実際に自分で起業をしていれば、資金の管理を行わなければいけませんが、すぐに資金が必要になった場合には、どうしたらよいのでしょうか。
そこで便利なシステムが手形割引という方法になります。
まずは手続きをしなければいけませんが、用意する書類は本人ということが確認することが出来る身分証です。
例えば、事業の決算書等事業に関する資料、 受取手形の取引内容が確認できるもの 、商業登記簿謄本、印鑑証明書と実印が必要になります。
ただし、イレギュラーを除いては、保証人や担保というのは必要がありませんので、そこが銀行との違いになります。
銀行だと担保は必要ですから、審査までにも時間がかかりますが、手形割引であれば、スムーズにいけばスピーディーな対応で審査から融資までが迅速です。
http://www.nihon-hoshou.co.jp/product/bill.html